沿 革 The History

昭和42年 中央機械 株式会社の鉄鋼部として発足
昭和45年 中央金型 株式会社独立 弱電のプレス・板金型製作会社としてスタート
昭和52年 成形工場エクセルを買収、成形部門発足
昭和54年 NC加工機メルダス5000C導入 この頃よりプレス型からプラ型に移行
昭和59年 自動プロ、HI-PRO1導入
昭和60年 金型の大型化に伴い工場拡張
平成4年 3次元CAD/CAM CATIA導入
平成8年 3次元CAD/CAM グレード導入
倣(ならい)い加工が減少、3次元モデリングで金型づくりが変化する
平成9年 EDNC156導入、社内ネットワークを光ケーブルに変更
平成11年 MCD1816導入(高速、大型加工機)
平成12年 大型ダイスポッティング導入
フィリピンK&K株式会社と技術供与契約をする
平成14年 ガンドリルマシン導入
平成19年 工場拡張
平成26年 レーザー溶接機導入
平成27年 5軸制御マシニングセンタ導入